読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu9.10にNetBeans6.8RC1をインストールした

NetBeansをダウンロード

http://ja.netbeans.org/downloads/

  • NetBeans 6.8 リリース候補ビルド 1 (RC1) のダウンロード のリンクを選択
  • JavaSE(47MB)のダウンロードボタンをクリックしてダウンロードする*1

インストールする

以下作業ログになります。
ダウンロード先は~/Downloadsでした

% cd ~/Downloads
% chmod +x netbeans-6.8rc1-ml-javase-linux.sh
% sudo ./netbeans-6.8rc1-ml-javase-linux.sh

あとはクリックするだけでインストール完了です!

Javadocの参照先を指定する

デフォルトではAPIJavaDocが読み込まれてなくて補完時に残念なので設定する。

f:id:voidy21:20091204214539p:image

  • 保存場所を設定したい場所にする(自分は~/javadoc/以下に置いた)
  • NetBeansのメニューから、ツール > Javaプラットフォームを選択
  • JavadocタブからZIP/フォルダを追加とあるので、先ほどダウンロードしたzipファイルを指定して追加する

f:id:voidy21:20091204214748p:image:w500
補完時にこんな感じで出ればOK(右のやつがJavadocの説明文)
f:id:voidy21:20091204215047p:image:w500

netbeans.confを設定する

デフォルトだと

なので、これを設定ファイルnetbeans.confを修正することで調整します

設定ファイルの位置をチェック

インストールフォルダ直下のetc/netbeans.confが設定ファイルです
今回は/usr/localにインストールしたので、/usr/local/netbeans-6.8rc1/etc/netbeans.confを書き換えます。
端末ターミナルから

% sudo vim /usr/local/netbeans-6.8rc1/etc/netbeans.conf

% sudo gedit /usr/local/netbeans-6.8rc1/etc/netbeans.conf

で編集しましょう。

自分の使っているnetbeans.conf
# ${HOME} will be replaced by JVM user.home system property
netbeans_default_userdir="${HOME}/.netbeans/6.8rc1"

# Options used by NetBeans launcher by default, can be overridden by explicit
# command line switches:
netbeans_default_options="-J-client -J-Xverify:none -J-Xss128m -J-Xms128m -J-XX:PermSize=200m -J-XX:MaxPermSize=1024m --J-Xmx1024m -J-Xms1024m -J-Dawt.useSystemAAFontSettings=on -J-Dapple.laf.useScreenMenuBar=true" 
# Note that a default -Xmx is selected for you automatically.
# You can find this value in var/log/messages.log file in your userdir.
# The automatically selected value can be overridden by specifying -J-Xmx here
# or on the command line.

# If you specify the heap size (-Xmx) explicitely, you may also want to enable
# Concurrent Mark & Sweep garbage collector. In such case add the following
# options to the netbeans_default_options:
# -J-XX:+UseConcMarkSweepGC -J-XX:+CMSClassUnloadingEnabled -J-XX:+CMSPermGenSweepingEnabled
# (see http://wiki.netbeans.org/wiki/view/FaqGCPauses)

# Default location of JDK, can be overridden by using --jdkhome <dir>:
netbeans_jdkhome="/usr/lib/jvm/java-6-sun"

# Additional module clusters, using ${path.separator} (';' on Windows or ':' on Unix):
#netbeans_extraclusters="/absolute/path/to/cluster1:/absolute/path/to/cluster2"

# If you have some problems with detect of proxy settings, you may want to enable
# detect the proxy settings provided by JDK5 or higher.
# In such case add -J-Djava.net.useSystemProxies=true to the netbeans_default_options.
参考画像

下の画像でメモリが1GBほど割り当てられているのが分かると思います!
フォントはVLゴシックです。
出力部分のフォントは出力されているテキストエリアを右クリックから設定できます
f:id:voidy21:20091204220119p:image

*1:プラグインは後から好きなやつをダウンロード出来るのでとりあえず最小構成のやつで大丈夫です